2016年5月22日日曜日

vol.21-⑥森農園

エキビレッジ初出店・森農園さんの紹介です。

思えば、倉渕町にある森農園さんを訪れたのは今年の初め。
あるイベントに出店していた森さんの野菜がおいしくて、おいしくて、、
すぐに連絡をして会いに行きました。

細い道を登っていったことろにある森さんの畑。(他の場所にもいくつかあるそうです)
「そろそろ野菜は終わり」とのことでしたが、畑に残っていた野菜ははちきれんばかりに元気!
気づけば畑の真ん中でお互いの想いを日が落ちるまで話し込んでしまいました。

そんな森農園さんから、「少しですが、野菜が採れはじめました!」との連絡が。
まだまだ品種が少なく、どうやらレタス&カブ祭りになりそうですが、、
意外と短いレタス&おいしい春のかぶを存分に満喫していただけたら最高です!
木々に囲まれた隠れ家のような森さんの畑。
*畑は1月の様子です。

今回販売する野菜を、森さんがひとつひとつ丁寧に説明してくれました。
レタス類が多いですが、それぞれ味や食感が違い、それぞれに個性があります。
その違いもどうぞお楽しみに!

◆フリルレタス…ギザギザ葉、パリパリした食感が特徴で、サラダはもちろん、パンにはさんだり、お弁当に入れたりして、“見せる”レタスとしてオススメです。
◆シュクリーヌレタス…加熱に適したフランス伝統種のレタス。外側のフワフワしたところはサラダ菜に似ていますが、内側はギュッと巻くので、火を通してもシャキッとした食感です。小ぶりながらドシッとした重量感あるレタス。
◆リバーグリーンレタス…シーザーサラダに向くコスレタス系の半結球レタス。内側が巻いていく縦長のボリュームあるレタス。スープなど、加熱にもおすすめ。
◆サラダかぶ…とてもジューシーな味わい。皮をむいてまずは生でシンプルに味わってほしい一押しの一品。個人的にはかぶはこの時期の春かぶが一番おいしいと思う。
◆ミニ大根…サラダに向く柔らかい大根。下部は辛味もあるのでおろしにも。
柔らかい葉もぜひ活用してほしいです。
その他、持っていけるものがあれば持っていきます!とのことですので当日のお楽しみに♪

作り手によって味が全然違うように、作り手の想いもそれぞれみなさん違います。
よかったら、ゆっくりお話しながら買い物をお楽しみください。

5月28日(土)のみの出店です。

森農園/倉渕町
【レタス祭り♪その他、春のかぶ、ミニ大根など旬の野菜をお持ちします!】 
◆5月28日(土)の出店◆
畑からの風景
こちらがケープグーズベリー(食用ほおずき)*秋頃の予定です。

高崎市山間地、倉渕町で標高500~900mの畑で
無農薬・無化学肥料で野菜を栽培しています。
土づくりから種をまき、苗を育て、収穫をし、お客さまに販売して終わりではなく、
家族の健康を考えてみたり、調理することの楽しみを感じてみたり、想像していなかった味わいに驚いてみたり、作り手と食べ手の新たな出会いだったり…

自分たちが作ったものがそこから始まる何か、
その先につながる何かのきっかけになれれば良いなと思いながら、お届けしています。

主力は秋のケープグーズベリー(食用ほおずき)。

【出店者情報】
森農園
高崎市倉渕町権田
※店舗はございません。詳細は下記をご確認ください。


0 件のコメント:

コメントを投稿